盾の勇者の成り上がりを読んでみた【感想、ネタバレ】

投稿者:

「盾の勇者の成り上がり」読んでみましたが、なかなかのムナクソ漫画ですね。

主人公は最初は結構、普通にいいやつだったのに周りの裏切りとか裏切りとか、裏切りで心が壊れちゃいましたね。

しかし、最初の扱われ方がひどすぎですね。

なんか読み返す気にならない漫画です。

けっして面白くないとかではないんですけどね。

でもこの漫画(というか小説?)は人気あるんですね。

槍の勇者のやり直しなど、スピンオフが出るってことはそれだけ読者がいるってことですからね。

まあ、あのままだと槍の勇者なんかただの騙されているアホな子になっちゃうので、挽回できるチャンスができたと思えばいいかも。

5巻になって、やっと爆発したけど、なんであんな人たちをずっと助けてきたのか謎。

他の勇者たちは努力しないせいか、すっごく弱い。

それで結構自分勝手なのでほんと救いようがないわさ。

ネタバレとか

巻が結構出てるので、全部書くと大変な量になるので抜粋して気になったところだけ書きます。

1巻は、一番のメインですね。

かなりイヤーな人たちが出てきます。

そして、誤解やワナから主人公がボロボロにされてしまうのが切ないところです。

意地の悪い王女や王様、他の日本人勇者もなんだかね…。

2巻~4巻は、まあ他の勇者から離れて盾の勇者が成長していくところ。
ここは、普通の異世界ものとしてみるといいかも。

5巻では、強い敵をやっつけて城に帰ったら、王様がいる。
あの王様ですからね。うん。もちろん、うまくやれるわけがないよね。

そこで主人公は、反撃のシグナルを出す。
異世界の移転者たちって、けっこう情報収集ができていないね。

でも、そんなところから出ていこうとすると、メルティの誘拐を偽装されて他の勇者と敵になってしまう。
その勇者は火力負けしているにも関わらずえらそうだ。

主人公に早く成り上がって欲しいよー。

10巻では、主人公が今まで一緒にいたメンバーと対立してしまう。これは残念なところ。

フィーロのピュアな感じがたまらないね。
海が綺麗だったというのは、水中神殿か。

それにしても、今の盾の勇者は悪っぽい顔になっているよね?
尚文には合っているけど…。